吉田唄菜&西山真瑚組がアイスダンスで史上最高記録!?シングルとの二刀流の理由とは?

Jr.フィギュア界の新星 うたしん組誕生!

 

こんにちは!

フィギュアスケートを愛してやまないブロガーのAikaです。

 

ジュニアアイスダンス界に期待の新星が出てきました!

羽生結弦選手らと同じクリケットクラブで練習してきた西山真瑚(しんご)選手と、ノービス時代にアイスダンスカップルとして国際試合で活躍してきた吉田唄菜(うたな)選手です。

 

西山選手はなんと、昨年末にアイスダンスとシングルの二刀流を決め、シングルとの両輪で大会に出場しています。

突然アイスダンスを始めた理由とは?

二人の国際試合デビュー戦結果は?

気になるところを直撃していきます。

 

期待の新星!吉田&西山組のプロフィール紹介

2019年からアイスダンスカップルを組み始めた吉田&西山組。

吉田唄菜選手はノービス時代から期待のアイスダンス選手として取材もされていた実力者。

対して西山真瑚選手は少し前までシングル選手であり、アイスダンスは初心者。

突如現れた新星若手アイスダンスカップル2人のプロフィールを紹介します。

 

2012年全日本ノービス優勝者、西山真瑚選手とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shingo Nishiyamaさん(@shinnnnn_gooo)がシェアした投稿


西山真瑚選手は2012年の全日本ノービス選手権で優勝しており、早くから注目されていました。

幼少期も現在もすらっとした細身の印象です(写真は2018年8月の西山選手インスタより)

 

高校入学前の2017年1月にカナダのクリケットクラブに単身移籍し、家族の元を離れてスケート漬けの日々を送っていました。

弱冠中学3年生で単身海外に渡る決断というのはなかなかできるものではありません。

 

昨季はケガに悩まされ、苦しいシーズンが続きましたが、年が開けた2019年のお正月、

アイスダンスを始めたことを宣言します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

明けましておめでとうございます🎍 新年早々一つ報告したいことがあります。僕西山真瑚は来シーズンからアイスダンスも始めます。カナダに渡ったからこそ出来た決断です。シングルとアイスダンスの両立、二刀流頑張ります!! これからもシングルは常に向上心を持って見ている人を感動させられる演技を目指し日々憧れの人たちを見ながら練習していきたいと思います! シングル、アイスダンスともに応援宜しくお願いします🙇🏻‍♂️ #アイスダンス #二刀流 #憧れの人 → #羽生くん #応援宜しくお願いします

Shingo Nishiyamaさん(@shinnnnn_gooo)がシェアした投稿 –

これにはファンもびっくり!

ですが、伸びやかで綺麗なスケーティングに定評がある彼にはぴったりです。

 

クリケットクラブのコーチの勧めもあって

「日本のアイスダンスを盛り上げたい!」

そんな夢を胸に吉田唄菜選手をパートナーに迎え、2018年末にアイスダンスカップルを結成します。

この春には早稲田大学に入学し、シングルでは今季からシニア選手として、アイスダンスは引き続きジュニアで続けていくようです。

 

ノービス時代からアイスダンスで活躍!吉田唄菜選手とは?

ノービス時代にトルン杯で優勝を経験しているアイスダンスの吉田唄菜選手。

杉山匠海選手とカップルを組み、2017年のトルン杯ノービスクラスで見事優勝を飾りました。

 

惜しまれながら2017年9月にカップルを解消し、その後はパートナー探しをしていました。

そして2018年末、満を辞してカップルになったのが西山真瑚選手でした。

 

早くも”うたしん”の愛称で親しまれ始めています。

現在は高校2年生の年。

あの紀平梨花選手や川畑和愛選手と同じ、N高東京の生徒です。

 

ノービス時代から素晴らしい息の合った演技を披露していましたが、すっかり成長して綺麗なユニゾンを見せてくれています。

 

元パートナーの杉山匠海選手(現在はシングル)はTwitterで二人へのエールを送るなど、今でも良好な関係のようです。

 

結成半年とは思えない!うたしん組伝説の数々

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shingo Nishiyamaさん(@shinnnnn_gooo)がシェアした投稿


うたしん組こと吉田&西山組は結成して間もないながら、早くも大躍進を遂げています。

 

アイスダンサーが集まる三笠宮杯では初の試合にしていきなり優勝。

さらに初の国際試合であるMint Summer Skate 2019ではリズムダンスで4位、フリーダンスで5位で総合4位入賞と健闘しました。

 

Mint Summer Skate 2019の試合映像を見ましたが、正直なところ

 

「本当に結成半年?」

 

という驚きを隠せませんでした。

スタート位置に立つ前からすでに息の合った動きを見せる二人。

美しい立ち姿でスタート…と思いきや、素敵な笑顔で踊り始める二人。

2人でくるくる回るツイズルは息ぴったり!

 

ジュニアらしいハツラツさとはじけるような楽しさ溢れる演技は観ていて幸せな気持ちになりましたね。

その後、

  • 初の大舞台であるJGPレークプラシッド杯6位
  • JGPエーニャ杯6位
  • 全日本ジュニア選手権優勝
  • 活躍が認められて出場したユース五輪2020でも6位
  • 世界ジュニア選手権で12位(日本のカップルで歴代最高位!

このように目覚ましい活躍を遂げています。

JGPでの活躍はこちら↓

吉田唄菜&西山真瑚組がJGPシリーズ初出場6位!うたしんの活躍が止まらない!

 

アイスダンスの常識を覆す!?独特なパートナーシップ

https://twitter.com/nonno_staff/status/1228180648357056513

↑ノンノにまで取り上げられる西山選手

 

アイスダンスという競技は一般的に、

「男性が女性をリードする」

これが常識です。

しかし、うたしん組はちょっと違うかも!?

 

吉田唄菜選手はベテランらしく、試合でもいつも満面の笑顔。

パートナーや自分にミスがあっても決して慌てません

西山真瑚選手もにこやかで楽しげに踊っているのですが、本人いわく、「緊張してしまう…」とのこと。

確かに、よく見るとカチコチな笑顔(笑)

 

そんな真瑚選手を力強く(?)リードしている唄菜選手にファンも感謝しているようです。

ちなみにインタビューでは逆に西山選手がリードする模様。

この若々しい型破りなパートナーシップで支え合っているのですね。

 

吉田&西山組のアイスダンスでの活躍はまだまだ続く!

↑世界ジュニア選手権リズムダンスでのうたしん組演技

 

ここ数年、ジュニアのアイスダンスは国際試合でフリー進出ならずという悔しい状況が続いてきました。

 

しかし、デビューシーズンにして世界ジュニアで歴代最高位を記録し、活躍の兆しを見せ始めている吉田唄菜&西山真瑚組のカップルには大きな期待が寄せられています。

 

今季も西山選手はシングルとの二刀流継続を宣言しており、シングルではシニアに上がります。

吉田唄菜選手はいつも笑顔を絶やさず、緊張しがちな西山真瑚選手を支えてくれることでしょう。

そんな素敵な二人のパートナーシップ、今季も楽しみにしています!

 

広告