第86回フィギュアスケート全日本選手権に行ってきました<男子編>

フィギュアスケート全日本選手権が終了し、平昌五輪の代表選手が発表されました。

今回は様々な要因から誰が選ばれるか分からない状況でしたね。

特に女子は2枠を誰が掴み取るか全く分からないと言われていたほど。

そんな中、今回は22日の男子ショートプログラムを観戦に行ってきました。

その模様を余すことなく徹底解説していきたいと思います。

 

全日本選手権男子シングルの結果を振り返り

ショートプログラム得点

活躍が期待されていたトップ選手が上位を占めました。

全体的に表現力豊かな選手が増えてきているので見ていて楽しいですね。ジュニアの選手でもスピンやステップでレベル4を獲得する選手が現れています。

トップ選手は4回転ジャンプの嵐。もはや4回転は男子の国際試合出場において、必須条件となりつつあります。

日本のフィギュアレベルがどんどん底上げされていますね…。

全体的に演技中の転倒は少なく、リンクの状態も良かったようです。

 

*上位24人までがフリースケーティングに進出出来ます。

PL.選手名合計点技術店演技構成点
1宇野昌磨96.8350.8445.99
2田中刑事91.3448.7442.60
3無良崇人85.5344.7140.82
4村上大介80.9941.9339.06
5友野一希78.1641.8336.33
6佐藤洸彬77.9841.8736.11
7須本光希72.9339.2133.72
8山本草太72.8835.4837.40
9三宅星南68.7736.0232.75
10日野龍樹68.2232.8136.41
11川原星67.7436.3931.35
12鈴木潤66.8333.6933.14
13中村優65.7531.0934.66
14壷井達也63.3532.3231.03
15佐上凌63.0534.6228.43
16山田耕新61.0131.7029.31
17櫛田一樹60.0630.6329.43
18本田太一59.7529.7230.03
19梶田健登58.6529.2229.43
20佐藤駿57.7730.1627.61
21唐川常人56.6428.8228.82
22中野耀司56.5629.4828.08
23木科雄登56.1625.8331.33
24渡邊純也54.0123.9030.11
25中野紘輔53.6226.0427.58
26鎌田英嗣52.6623.3329.33
27時國隼輔51.7125.0926.62
28小林建斗51.1824.7127.47
29杉中建人43.6620.3724.29

フリースケーティング得点

トップ3人は変わらず。

ショート10位と出遅れた日野選手がフリーでノーミスの演技を披露し、フリー4位と巻き返しました。

友野一希選手も追い上げ、日野選手に続くフリー5位です。

PL.選手名合計点技術点演技構成点
1宇野昌磨186.4794.2193.26
2田中刑事175.8187.6788.14
3無良崇人172.8888.8084.08
4日野龍樹155.3980.9774.42
5友野一希153.0577.6975.36
6須本光希152.8380.8971.94
7村上大介149.9672.6877.28
8鈴木潤140.5672.5867.98
9佐藤洸彬136.8765.5173.36
10山本草太135.3960.9774.42
11壷井達也135.3670.6265.74
12本田太一133.1272.8460.28
13中村優132.4164.9167.50
14川原星131.6363.9167.72
15三宅星南131.1862.3068.88
16佐藤駿127.7570.2157.54
17櫛田一樹121.2358.9562.28
18木科雄登117.9753.1164.86
19山田耕新116.3959.6157.78
20梶田健登113.9253.7260.20
21唐川常人113.2254.2858.94
22中野耀司102.7849.9454.84
23渡邊純也99.9041.1859.72
24佐上凌91.1138.1154.00

引用元:http://www.jsfresults.com/non_responsive_toppage.htm?figure_top.htm%2CNational/2017-2018/fs_j/nationalsenior/index.htm

全日本注目選手のフリー演技を振り返り

注目選手の演技

宇野昌磨選手(’17 GPF 銀、’16 全日本 金)

4Lo/3A/3Lo/FCSp4/FCCoSp4/StSq4/4F/4T/2A+2T/3A+1Lo+1F/3S+3T/ChSq1/CCoSp4

前年王者の貫禄ある演技でしたね。

得意の4回転フリップでの転倒と3連続コンビネーションのダウングレードが残念でしたが、ほとんどのエレメンツでレベル4を獲得し、見事2連覇。

本人はショートフリー共に、少し納得のいかない表情でしたね。

田中刑事選手(’16 NHK杯 銅、’16 全日本 銀)

4S/4S+REP/3A/CSSp4/StSq2/4T/3A+REP/3F+3T/FCSp3/3Lo/3Lz/ChSq1/CCoSp4

今シーズン一番の良い演技が出来たのではないでしょうか。

ショートフリー共に得点が伸び、初の五輪代表を勝ち取りました。

同じ種類のジャンプを繰り返してしまったことによる減点とトリプルルッツのエッジエラーが惜しかったですね。

無良崇人選手(’15 NHK杯 銅、’16 全日本 銅)

4T/3Lz+3T/3Lo/StSq3/CSSp4/3A+2T/3A/3F+1Lo+2S/FCSp3/3S/3Lz/ChSq1/CCoSp4

4回転トゥーループを1本に絞った確実性重視のプログラムで臨んできました。会場を巻き込む表現力で、文句なしのスタンディングオベーション。

大きなミスはありませんでしたが、冒頭の4回転で手をつきかけてしまい、GOEが伸びませんでした。フリップのエッジエラーが惜しかったですね。

最後の五輪代表へのチャレンジとしては悔しい結果に終わりましたが、やりきった表情をされていました。

個人的注目選手の演技

日野龍樹選手(西日本1位、’16全日本4位)

ショートは緊張からなのか、本来の力を出せず、といった感じでした。

優雅でしなやかな演技は見ていてとても楽しいです。

ぜひ世界の舞台でも活躍していただきたいです。

友野一希選手(西日本2位、’16全日本Jr.優勝)

シニア一年目だそうですが、グランプリシリーズ出場を果たすなど、注目されそうな選手です。

見ていて楽しくなるような演技でした。

今後の活躍に期待です。

村上大介選手(東日本1位、’15/16GPF 6位)

なかなか出場が叶わなかったシーズンでしたが、ここぞとばかりに魅せてくれました。

集大成といった感じですね。

須本光希選手(ジュニア王者)

ジュニアの選手ながら、演技は大人っぽい印象。

トリプルアクセルはまだまだ苦戦中のようで、いきなりシニアに上がる可能性は低いですが、これからが楽しみな選手です。

山本草太選手(西日本5位、’15世界ジュニア銅)

待ってましたとばかりに会場が湧いたのがこの選手。

この日一番の歓声を浴びたのではないでしょうか。

けが明けのため本調子ではないものの、今できるエレメンツでしっかりとまとめてくれました。

今後、彼の活躍を見られると思うと楽しみですね。

 

男子シングルの平昌五輪代表選考結果は?

宇野昌磨(全日本選手権1位)
田中刑事(全日本選手権2位)
羽生結弦(世界ランキング1位)

全日本選手権優勝時点で宇野昌磨選手の五輪代表が確定。

羽生選手は怪我により欠場したものの、世界ランキング1位他多数の実績により五輪代表内定。

今大会シーズンベストを更新し、準優勝と勢いに乗った田中選手が代表に選抜されました。

世界選手権には宇野選手、田中選手の2名が出場予定です。

羽生選手には一刻も早い怪我の回復を祈るばかりですね。佐藤信夫コーチの仰る通り、四大陸選手権なども無理せず回復に努めていただきたいところです。

 

フィギュア全日本男子まとめ

フィギュアスケート全日本選手権男子シングルのレベルはどんどん向上しています。

もうジュニアの選手もシニアの選手も見分けがつかなくなってきているくらいです。

先が楽しみな選手やこれから伸びそうな選手も多くいました。それはまた別の記事で紹介をしたいと思います。

お読みいただき有難うございました!

 

広告

観戦記録

Posted by Aika